スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内面


課題の講評が終わってひと段落ついたので更新

なんか去年までのヒーヒーしながら作る感じじゃなくなって、時間と達成できる範囲が分かってきた感じある
まー陶だから粘土の状況見たり窯に入れるまで乾かしてたりするからそれまで頑張る、だから粘土柔らかい時しか大きく手を入れられないんだけど
ちゃんと乾いてないとヒビ入ったり割れたりして本末転倒になっちゃうからな〜〜

今回の講評はいつもの先生と自分が話してそれをみんなが聞く、って感じじゃなくて各々思ったこととか疑問とかそのまま投げかけるかなりラフな感じの講評だった(海外の美大はこんな感じが普通らしい)
仲いい友達の作品に対する意見とかしか滅多に聞かないからすごいありがたいと思った
これもみんな要領得てきたらすごい莫大な情報とか知識とか感情の共有になっていくんだろうなって楽しみ
というか作品とその制作意図とか聞いてるとその人の内面も分かってくるような気がした
なんとなくしか知らないメンバーが集まってる専攻だから初めてこの講評でちょっと性格が分かったり確信になったりしてそれも嬉しかった


で、私は自分の感情とか自分の立場とかそういうものを他のものとリンクさせて(今回は雨が溜まっていく様子)発想させていくことが多いんだけど
それを話したら、私の隣にいた子が「○○ちゃんは自分の内面とか作品にしないけどこういうの見てどう思う?」て違う子に話し振ってくれて
全然気にしてなかったけど全く私情とか挟まずに作ってる子も居たんだよなあとびっくりした

ちょっと話変わるけど陶芸工房でバイトしようと思って先週末面接行って、バイトしてきた
その面接(そんなに堅苦しいものじゃなかったけど)で、美大に目指すきっかけや絵が好きならどんな作家が好き?という話になって
私はいじめられててそれから逃れるための手段の絵だったので人の作品を見ることは少なかった、て答えたの
人の絵を見るのが好きとかじゃなくて描写する、とか紙に線を書くってことが好きなんだと思った。だから描くことが好きってその前にいうべきだったんだろうなあ。今はそうでもないんだけど、起こりとしては
でもこんなの答えになってないんだけど。作家聞かれてるのにね〜作家知らないし日本画とかそういうの?とか思うし

多分これなんだよなー
いじめのフラストレーションを消化するための描くことだったし、今も言葉が足りないものを消化するための作陶だと講評で気づいた
話を振られた違う子はそんなに考えてんだなあって言ってくれたけどそれがいいことか悪いことかよくわからない

先生が「自分は今まで言葉で作品を考えすぎててコンセプトありきに作品作ってた」と言い始めて
「でも結局ものをいうのは文章じゃなくて作品で、作品のビジュアルが一番もの言ってないと説得にならないんだよね」ってコミュニケーションの話になったので
私は「私の言葉がこんな風に足りなくて話すのも下手だからそれを補うための作品って、私のコミュニケーションの一つだと思ってます」と言ったらそうやってコミュニケーションが取れているからよいということになった
それに結構安心した

あと立体としてのかっこよさがいつも気になるのでそれに重きをおくことがあるんだけど
他のみんなの作品みて自分のイメージに近づけようとしているのがすごくわかるし、二次元を完璧に三次元に組み立てたいと思う実現欲とかまざまざと見ていると不安になった
でも結局上にも書いたけど作品のビジュアルの話に戻るのでいいのかなあとも思う


専攻に集まったみんな、すごいなーと思う子ばっかりで、濃くて、すごい違うのにすんなり受け入れられるからそれぞれの意見に影響されちゃう
今回の作品はそういう、他の影響を受けて世の中に出て行くみたいなことを作ったんだけど
すっごい意外だったのが、一番最初に出た意見が「きょんたろうちゃんの作品はずっと見てて『これはこう!』って言い切ってるものが多かったのにそれが変わっていったんだなってすごい納得できた」って言われて
うわーーーそんなに見られてたんだ、とびっくりしたのと同時に去年から仲良くしてる子のことが浮かんだ
そのふんわりした彼女と付き合うようになって別に決めつけなくていいかなあとか意固地にならなくていいかなあとか堅い部分が変わっていく感じがあって、その話は実家に帰った時ママに話して価値観が変わったって言ったら笑われたんだけど
こうやってちゃんと分かってくれる、見てくれてる人はいるんだなあって感動だった


次の課題のテーマもなんとなく固まったしいい感じかなあと思いました
おわり

コメント

非公開コメント

プロフィール

きょんたろ

Author:きょんたろ
トーキョーと大学と肝5ch

垂れ流しドロワ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。