スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表現って自分が語ってたら気づかないけど、他人が語ってるとかなり寒い時がある

IMG_7480.jpg

修正とかしなくていいかな〜、えい!みたいな感じで載せちゃったけど結構いい感じだ
今日は夕方散歩っぽした。本当はお昼にしたかったんだけど、いろいろあってできなかった。
後に病院行かなきゃいけない用事があって急いで夕方、お散歩短縮版みたいにして歩いた!
続けて写真上げるとやっぱり構図にてるなあとひしひし

でもこっちきて3週間くらい、やたら撮るの止めて選んで撮るようになったからか手応えあるのが今までの倍くらいある
前がどんだけ考えなしにやってたかわかるな〜〜
いやそんなに制限してるわけじゃないから作品変わってくるほどでもないんだけど!


前の記事の友達とお泊まりして語ってる時(晩のことなのか昼のことなのかは定かじゃない)、
友達が「自分はアート寄りだから〜」って話になってきて、プレゼンとかで作品の説明するのがすごく嫌って言ってて
で、どうやって自分の世界観を伝えるのかっていうと作品(オブジェ)はもちろんなんだけど、
それと同じくらいキャプションで短い文章で世界観を的確に伝えなきゃいけない、って言ってた
だから文章もかなり、同じくらい大事だと思う。って言っててすごい納得した
文章書こう、としたらダメなんだよなあ。表現しよう、って思わないと。本当に当たり前なことなんだけど。

自分も近々キャプションと写真で展示するから、印刷終わっててあとはキャプションだけってなってたから
実家に帰ってすぐその子に文章見せて、実感わいたところとか教えてもらってブラシアップした
すごーーーーい、これ本当に大事だ!って認識できた
多分その子が感じて考えたこと全部経験なんだけど、それを共有してくれたってことがとても嬉しかった

だから、ブログももっと考えながら書かないと、適当になっちゃわないように、って風呂入ってる間思ってた
今はもうちょいゆるくでいいかもな、続かないかもな、と思ってる(何年続いてるのかって感じではある)からその間くらいのスタンスでがんばろう


IMG_7440.jpg

これかなりお気に入り


あと、一番最近に遊んだ高校時代の後輩との話で気づいたことがある
そいつが今好きな人と知り合ったのがライブで、歌の話になってカラオケとか〜みたいになって
「うわ、カラオケ苦手だわ」って言って「なんでですか〜?」って聞かれて、初めてなんでだろうと思った
その場では適当に恥ずかしいからかなあとか言ってたんだけど、ずっと気になってきて遊んでる間考えてた

そんで、遊びの延長でピンクとグレーを見に行ったんだけど、ほとんど前情報なしで行ったからあんな内容だとはってびっくり
そのレビューもちゃんとしたいなあと思いながら今回は割愛なんだけど、
とにかく俳優とバレエダンサーと作家と、表現する人の苦悩みたいなところも見られるシーンがあったりして
吹っ切れてたり、そうではなかったりみたいな辛い部分もたくさんあって、
っていろいろ自分ともリンクするところがあってから、最後にアジカンの歌でエンディングで最後の一押しされたような気分になった
そうやって、やっと歌うのなんで苦手なのかわかった

結論から言えば自分に自信がないからなんだろうと思った
もともと私は表現する側で、表現する為の技術を持ってるから満足するくらいの出来のものもつくれてそれを世の中に公表することだってできる
それは特に自分自身に自信があったってなくたってできることだと思う。技術に作品に自信があれば
私の生身を見ることはないでしょう、と思うから。上に書いたように物を言うのは作品とキャプションだからだ
でも歌うことはちがうくて、パフォーマンスする人も演技する人も踊る人もそう、
その人が自分の体を使って生身で鑑賞者の目の前で表現するわけで、人前に立つのには相当な自信がないと無理だと思う
容姿もそう、一度っきりみたいなプレッシャーにも勝てる自信、人の目に常にさらされている、ってことに表現が妨げられないようなそんな気力
やっぱり尋常じゃない表現力(遂行力?執念??人間力???)のような気がした

なんかすごい難しい。
ピンクとグレーって映画では結局人は自分自身ではない他の人になれない、みたいなことが伝わってきて
だから、表現として劇とかで演じている人は乗り移って、ゾーンに入って、成りきれる時があるだろうけど
結局は紛れもない自分で生身で、批判とかそういう否定的な物もその体で受けていくしかないんだと思って
そういうことが続けていける、ってことはすごい自分に自信があるからだと思った、みたいな感じ

自分の歌うことが苦手、の理由をちゃんと考えてそこまで至ってしまったんだけど、多分ずれてると思う
これでも先日のキャプションの話があったから考えた方なんだけどな
まーーーー、歌おうとするからできないんだと思った。表現しようとすれば多分できるはずだと思った。
そういう形から入るのも多分ありだ
歌ってる人たちは歌おうと思ってるわけじゃなくて伝えたくて歌ってるわけなんだから自分の事情に当てはめちゃえばいいような気がした

なんだか自分勝手だね






コメント

非公開コメント

プロフィール

きょんたろ

Author:きょんたろ
トーキョーと大学と肝5ch

垂れ流しドロワ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。